7/30/2012

ジェネラル・オールド (ゴルフクラブ)


こちらのコースは、55年に空軍用のプライベイト・ゴルフ場として設立され、96年になってパブリックにも開放されたコースです。

以前ご紹介しました Navy コース は海軍用でしたが、こちらは空軍用です。

March Air 空軍基地 のすぐ隣にあります。
空港に何かあった時の緊急着陸用にはおそらく5番ホール辺りが使われる予定になっていようかと想像します。


コースの方は、比較的フラットでセパレーションの木もまばらな広々としたコースで、ボールもまず無くなりませんしグリーンも標準よりやや遅めといった感じでした。

ちょっとフェアウエーが荒れ気味です。

セパレーションの木の外側に広いベアグラウンドがあって、その10-30y外側にOB杭が立っている感じです。


General Old Golf Course 
http://www.generaloldgolfcourse.com/


Oldっていうのは別に古いって意味ではなくて、General (将軍) の名前ですね。
Archie Old 空軍大将みたいな感じでしょうか。


木がまばらで広いので、風はけっこう吹き晒しますね。
あと、この辺りは気温が高くて暑いです。

グリーンフィーも安いので、近くにあったらちょいちょい行くかも知れませんが、時間かけて運転して行く事を考えますと、なんどもリピートすることはないかな、と思います。

前から一度は来てプレーしてみようと思っていました。



それではまた、コースの写真をいくつかご紹介していきます。


まずは3番ホール。380yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


まぁ、コースの写真はどのホールもこんな感じですね。(^^;

このホールは左側が2番の長いパー3で、右側はフェアウエー右サイドの木の向こう側に池があります。

気持ち右にゆるやかにドッググレッグしていますから、ティーショットは左サイドに打っておきたいところ。


しかしここは少し左に行き過ぎまして、こんなところに来てしまいました。

画像をクリックで拡大します。


正面の木の左下に、遠くのグリーン上のピンが見えます。

ここのベア・グラウンドは、まさに裸地面って感じのベア・グラウンドです。
セパレーションの木がまばらで低いですから、左からスライスでグリーンを狙ってみました。
残り距離は140yぐらいでした。

普段は右からフックで回すことはあっても、スライスで攻めることはまず滅多にありません。(出来ないので。)
これが上手く行きまして、グリーンの右サイド、カップから6歩(約4m)の位置に乗りました。

これは嬉しかったですねー。 (^^)



次の写真は、5番ホールの535y、パー5です。

画像をクリックで拡大します。


ほぼ真っすぐに、ゆるーく左へ向かうやや長目のパー5です。

フェアウエーの中央付近の木が他より低いのは、意図的なものだと思われます。(再び勝手な想像。)

このホールは、ティーショットも2打目の3Wも非常に上手く打てまして、3打目は40yぐらい、3打目も上手く打てて2歩(約1m半)のバーディー・チャンスに付けることが出来たんですが、このパットはリップアウトしてしまい惜しくも入りませんでした。



こちらは、10番ホール、410yのパー4の2打目地点です。

画像をクリックで拡大します。


空気が乾いているせいか、ボールがよく飛んだように感じました。
前方の中央に写っているのが私のボールです。

フェアウエー右側に白い距離表示杭が写っていますが、残りは150yちょいで 6番アイアンで打って行きましたが、若干奥に溢しました。

13歩ぐらいの下りのチップショット、なんとかアップ&ダウンを決めることができてパーでした。



続いての写真は、370yのパー4、12番ホールです。

画像をクリックで拡大します。


写っているのはこの日ご一緒したお二人のうちのジョンさんです。

まぁ、どのホールも似たような写真になりますかね?
こうして見ますと、フェアウエー自体はけっこう狭めてあったりしたみたいですね。

でも、左隣の11番へ打ち込んでしまってもなんとかなる感じ? なのでタイトな感じは受けません。
運悪く木の下に行ったらチップアウトかなー、って感じでしょうか。

実は、私のティーショットが白ティーから目いっぱいで届くか届かないかぐらいの左サイドに池があります。

池にはちょうど蓮の花が咲いていて、綺麗でした。(^^)

このホールもけっこう上手く打てて5歩(約3m半)のバーディー・チャンスに付けたのですが、入りませんでした。 強めに入れに行ってみたのですけれども。(^^;



最後にご紹介しますのは、17番ホールの366y、パー4です。

画像をクリックで拡大します。


左ドッグレッグになっていまして、左側をショートカットして狙っていきます。

私ですとちょうど、ひょろっと高く立っているパーム・ツリーのちょい右を軽いドローで抜いていく感じでちょうど良さそうでした。

これも上手く打てましたねー。

パワーフェードが打てる方は、左サイドのこんもりした低い木の左から回していく感じでも打って行けます。
距離を出さないと、岩場に捕まっちゃいますけどね。

このホールもピン奥の7歩(約5m)に付けたものの、ファーストパットは入らず。


すごく調子良かったのに、バーディーは入らなかった、って感じのラウンドでした。


なんかですね、知らない方とラウンドする方がある程度の緊張感を持って打てるみたいで、良いスコアにつながることが多いような気がしました。


全体にフラットで、ラフが枯れてて深くないと、よいショットが打ちやすいですね。

グリーンはポアナ芝だそうです。
スルーザグリーンはバミューダ芝なので、青く茂っているところは粘いのにゴワゴワした芝で厄介そうな感じでしたが。



7/29/2012

ラウンド記録 (チャンピオンズ・クラブ at リトリートの3)



こちらのコースは昨年の怒涛の8月にプレーしてご紹介しております。

昨年の冬、年末にも2回目をプレーしてラウンド記録をとっています。


(今年も昨年同様、怒涛の8月に突入予定ですが、2日で全部別のコースを4ラウンド72ホールはちょっと無理やり詰め込んだ感がありましたので、今年は少しペースを落とす予定です。(^^;)


比較的新しくてまだ出来て3年くらい、とんでもない山岳コースで、初めての人は大概非常に苦労するハメになるのですが(笑)、友人がまだラウンドしていない友人をハメたい (経験させてあげたい) ということで、みんなで行って来ました。(^^)


Champions Club at The Retreat 
http://www.championsclubretreat.com/index.php


今回も青ティーからプレーしました。
青ティーからでも6,277yしか無いというのにコースレート/スロープは 71.7/139ですから、難しいコースです。 友人たちは3人とも白ティーからでした。
(ちなみに黒ティーからでも 6,765yの短さですが、73.9/145というモンスター・コースで、私には手に負えませんです。)

ジャック・ニクラス特有のエレベイテッド・ポテトチップグリーンに加え、とてつもないアップダウンの山岳コースで狭く落とし所が非常に限られている、と前々回ご紹介致しましたが、今回は前回2回目の寒さと強い風とは全く逆に、100度Fを超える暑さと強いラフが強敵でした。



まずは、ラウンドのスコア記録です。


青色のバックティーから、コースレート/スロープは71.2/134、パーは37・35の変則72です。

1 5 - 0 3A  (30)  
2 4  0 7A  (Sx 目玉)
3 3 △ / 7S-①  (20)
4 5  0     
5 3  / U7B 
6 4 - 0 2-
7 4  0 ①  (12) (70y) 
8 5  0 U27B-② 
9 4 □ 3 ①  (14) (40y) 

10 4 - 0 U12AL-①
11 4 - 0 U5S 
12 4  0 ②  (14)   
13 3 +3 4 UU27A
14 4  0 ②  (18)
15 3 - / ②  (21)
16 5  0 UD18A  (3打目アンプレ) 
17 4  1 3A  (95y)  (2打目 FBからミス)
18 4  0 ③  (14)

41(15)・40(14)= 81(29)


この日はとにかく暑かったです。

LA周辺では、海岸線近くのコースに行くと涼しくプレーできるのですが、ここのようないわゆるインランド(内陸)に入りますととてつもなく暑いです。
湿気のない、日本とは異質の暑さで、風が吹いて日陰に入れれば比較的過ごしやすくなりますが、このコースは木陰があまりなくて風が弱めだったりすると、坂がきつい分バテてしまいます。


コースの方は、評判があんまりなので、20いくつかバンカーを潰して少しは易しくしようとしたらしいです。
私自身、4ヶ月前にいくつか潰す作業中だったものも含めて、「あー、あそこのが無くなってる。」とか気が付きました。


今回もジャック式グリーンは大変でした。

でもラフが粘くタフになっていた分、前回(冬) の「ちょっと的を外すと、アンジュレーションで持っていかれてグリーン外まで転がって。しかも20yは転がり落ちる。」 ってのが無くなって、今度(夏) は「短いのにしっかり打ち抜くアプローチじゃないとグリーンに乗らない」っていう難しさでした。

グリーンは、速さ自体は前回同様 9.5フィート程度の少し速いかなぐらいだったかと思います。
でも今回はパンパンに硬くはありませんでした。 よく水を撒いて暑さに備えたためだろうかと思われます。


トリッキーなコースセッティングも、さすがに3回目ともなりますとレイアウトが分かっていますので、打ちすぎて谷まで届いてしまうとか、フェアウエーが傾いていて思わぬところまで転がり落ちてしまうとかのトラブルは減りました。

しかし今回は (どうやら友人に依りますと) エイミングのミスが何度かありまして、3度ほどハザードに打ち込んでしまいました。


前回、

>いやー、相変わらずものすごい難しいコースでした。
>ここはもう私は90切れて楽しくラウンド出来ればOKです。

って書いたのですが、3回目でコースが分かってくれば青ティーからならそこまでではないものの、やはり難しいコースです。
さらにバンカーがいくつか減っていました。(笑)


今回も、まだご紹介していないホールの写真を中心に少しだけご紹介しておきますね。


まずは3番ホール、143yの短いパー3です。

画像をクリックで拡大します。


このショットはピン筋に真っ直ぐ ものすごく良いボールが打てたのですが、私の感触に反してちょっと長すぎまして、グリーン左の奥サイドに溢れてしまいました。

ジャック式の、グリーン外の凹んだ地域に転がり落ちまして、そこからピンに寄せるべくクラブフェースを開いてしっかり振りに行きましたが、粘い芝に食われてミスショット。 7歩(約5m) も残してしまいボギーにしました。 いいティーショットだったのになぁ。



次は、前回もご紹介しました4番グリーンを別角度から。

画像をクリックで拡大します。


すごいグリーンですねー。

ここだけすごい訳じゃないんですが、このグリーンは気持ちいいし、印象に残ります。

前回はダボでしたけど、今回はここでバーディーが取れました。(^^)
グリーンに写っているうちで一番近いのが私のボールです。



5番ホールもまだでしたよね。
これも美しいホールです。 141y、パー3。

画像をクリックで拡大します。


私が写真を撮っているのが、青ティーです。

風がアゲインスト(Head wind) で、距離感が難しかったんですが、グリーン中央のスロープぐらいを狙った私のショットは、若干短くてグリーン手前ぎりぎりの、結果的に手前に切ってあるカップのピンハイで7歩の位置に。

ものすごく惜しいパットだったんですが、カップのエッジを舐めて入りませんでした。



以前ティーからの写真をご紹介しております6番ホールの2打目地点の写真も。
友人が撮ってくれました。

画像をクリックで拡大します。


どこにティーショットを打っても、フェアウエーどころかコースの左端崖いっぱいまで転がり落ちてしまうホールです。

右サイドに食い込んでいるマウンドに打って行きましたところ、なんとラフでボールが止まってしまいまして、2打目がものすごいつま先上がりになってしまいました。

あんまり傾斜がすごいので、友人が笑いながら写真を撮ってくれたのです。(笑)

しかし私はこのショット、ものすごく上手く打ちましたよ!(^^)

ライの角度でフックして左へ行き過ぎないように十分注意して、右手を返さないように右の手のひらを上にして振り抜くようにスリークォーターかもう少し小さいスイングで打ちます。

なんとまぐれでカップの左 2歩(約1m半)につけました。
パットは外したんですけどね。(^^;



もうひとつ、15番のパー3もご紹介します。この日は159yでした。
ティーがいくつかあるんですよね。

画像をクリックで拡大します。


気持ちのよい打ち下ろしですが、的当てが難しいです。

ジャックのグリーンは、グリーンが6分割で乗せる位置で全然違いますしね。
もちろん私はグリーンに乗せるだけでも一苦労なんですが、ここは風との兼ね合いと落差と、距離感の読みが難しいです。

私はちょっとクラブが大き過ぎでちょっと左目に出まして、グリーンを左に少し溢しました。

そこからは、フェースを開いてスピン利いて下さいってお願いして打ったCT-30がすごく上手く行ってくれまして、パーセーブできました。
先ずはグリーン面へ上げて2段グリーンの上から下へ打つ感じだったのですが、ちょうど段差の辺りでぎゅぎゅぎゅっとブレーキが掛かってくれて良い感じでした。 旧溝ウエッジのお陰です。(笑)



最後に、以前にもご紹介しております16番ホールの写真を。 542yのパー5。
このホールはレイアウトが美しくて大好きです。

画像をクリックで拡大します。


40y先の白ティーのところに友人たちがいますが、フェアウエーは左へ回っていって、2打目以降は右側の渓谷を回りこむように左から右へ伸びていて、最後はグリーンの右にも池があります。

ドライバーを安全目に左へ運び、2打目を大好きな3Wで気持よく打ちましたが少しだけ思ったより左へよく飛んでしまって、左サイドの小さな木(藪?)に寄り添ってしまい、3打目はアンプレしました。

そこからパーも狙える距離につけようと意気込んで打ったウエッジのアプローチショット(約70m)は、ラフの芝で上手く抜けずにショートして18歩(約12m半) 残してしまいました。

マウンドを登って下るラグ・パットを上手く寄せて、ボギーでした。



ここは難しいですけど、フラットで簡単な良いスコアが出やすいコースよりも楽しいですね。

もうちょっと涼しいといいのですけれども。(笑)




7/24/2012

鎌倉パブリック ゴルフ場


ほんの1週間の日本への一時帰国。

ちょっと時間がないかなー?という日程でしたが、家内の実家から車で3分、ゴルフ友達がトップスタートを予約してくれまして、しかもクラブを貸してくれてピックアップまでしてくれるということで、鎌倉PGオリジナル・プリンで有名な 鎌倉パブリック をラウンドできました。


設計は手塚誠氏で、距離はずいぶんと短いのですがトリッキーなところは全然なくって、とても気持ちのよいコースです。
かなりの斜度の丘陵地に立っていまして、すぐお隣の鎌倉カントリークラブと何ホールかくっついています。

AグリーンとBグリーンがあって2グリーン制ですから、距離も短いのもあってかグリーンはどれもずいぶんと小さいですね。
この日は、トータルが少しだけ長くなるAグリーンでした。


鎌倉パブリックゴルフ場
http://www.kamakura-pg.com/


クラブは貸してもらう予定だったのですが、当日日曜日の朝は雨模様。
濡らしても悪いなぁ、ということもあり、彼のクラブはシャフトXXとかでスペックがキツいのもありまして、日本に置いてあった自分の15年前まで使っていたクラブを持って行きました。

バッグには、内側の額の位置にメッシュが付いている前時代的なキャップとか、懐かしきスモールボールとか、キャディさん専用のごっついグリーン・フォークとかすごいものが色々入っていました。(笑)

結果的には、雨は全然気にならないほどの霧雨でかえって涼しくていいくらいでした。
気持ちよかったなぁ。

「しまった、雨専用グラブ だけでも用意してくればよかった。」と思いましたが、全然問題無しなくらいの雨でした。


ホール毎の解説と、コースレイアウト図



いつものように写真を何枚かご紹介します。


最初の写真は、3番ホールのパー4、364yです。
このホールだけが、ワングリーンになっています。

画像をクリックで拡大します。


ティー・ボックスが左端に設定されていましたので、ドロー・ボールで打っていくとちょうど良い感じになりますね。
しかし左サイドは、グリーンの後ろまでずーっとOBです。


2打目地点からは、グリーン後方の斜面下方に高い煙突が見えます。

画像をクリックで拡大します。


写っているのは、この日シングルでいらっしゃっていて ご一緒したYさんです。
とても気さくな良い方でした。 「ポイントが溜まって今日は無料でラウンドです。」っておっしゃっていました。

調べていませんので勘ですが、あの煙突は火葬場の煙突じゃないでしょうかね?

2打目は約115y、9番アイアンで打って9歩(約6m半) に付けましたがパットはショートして入りませんでした。



4番ホールは、115yの一番短いパー3です。

画像をクリックで拡大します。


ご覧のように、手前は渓谷です。
実際の距離よりも多少遠く見えるような感じがいたします。

私は9番アイアンで打ちまして、奥目の8歩(約5m半) に付けました。
これもショートして入らず。

この日は、1日じゅうパットがショートしてしまって苦しみました。

ショートもショート、1歩とか2歩とか残っちゃうショートが続出しちゃうんですから、大変です。(^^;



次の写真は、9番ホール 469yのパー5です。
ほぼ真っすぐに打ち上げていますね。

画像をクリックで拡大します。


ティーショット、2打目ともまずまずで3打目は残り約40y。

距離を調節するためにフェースを開いて上から落とすように行きましたが、ショート目で手前に14歩(約10m) も残してしまいました。

そしてこのパットもショートして、2パット目の1歩のパットもショート気味に左に外して、3パットのボギーに。



次の写真は、フェアウエー・チャレンジというイベントが行われていた14番、318yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


1000円をプレー・カードに付けて、被災地への寄付にする100円を現金で払いますと、ボールやグローブなどの商品を選んでもらうことが出来まして、さらにティーショットがフェアウエーを捉えますと抽選に挑むことが出来まして、追加の景品をもらうことができます。

私は荷物が増えるのはいただけないということで、3人分の寄付金分300円だけを協力させていただきまして、抽選の景品なしでシューズだけもらって挑戦しました。(^^)


一緒に行った友人はものすごく飛びますので、グリーンが空くまで待って打ちました。
フェアウエーキープでいいんですが、フルショットで強振しての挑戦です。(笑)

私のショットはフェアウエーの右サイドから真ん中に戻ってくる打球でフェアウエーを捉えました。

グリーンまではもう35-40yくらいですが、このアプローチが意外に難しい、・・・というか私はいまいっちょ苦手です。(x_x;

このショットはたまたま上手く打てて、3歩(約2m) に付けることが出来ましたが、これもショートしてひと転がり足りずにカップインならず。 まぁ、パーなら文句ありませんが。



最後の写真は、17番ホール、290yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


後方に写っている山の上の鉄塔は、テレビの電波塔でしょうかね?
この辺りは鎌倉山で、電波を届けるのはなかなか大変そうです。

ここに写っている友人がそのよく飛ぶ友人ですが、グリーンの横に外れてはいましたがティーショットで距離的には届いていました。

すごいですねー。
軽く登ってるでしょ?(笑)


私のティーショットもまぁまぁのショットで 残りは約60y、このホールはかなり上手く打てて2歩(約1m半) の距離に付けましたが、このパットもショートして入らず。(x_x)



自動にゆっくり動く4人乗りカートでのラウンドでした。

前半はトップスタートでとっとことっとこ回って、9時前にはクラブハウスに戻ってきたのですが、「お客さん早すぎますよ。いつもなら45-50分でご案内していますが、今日は1時間45分お待ちください。」ということで、まだ9時なのにお昼を食べることに。

しかも例のプリンは、今日は団体の予約が入っていたので既に限定100個が完売している、と。

むむー。(笑)


後半は、少し待ち待ちの状態でのラウンドでしたが、それほどリズムを崩すこともなく楽しくラウンド出来ました。

家内の実家からこんなに近いというのに、ラウンドは初めてでした。

今度から、帰国のたびに予定に入れようかしら。(^^)



7/14/2012

パッティング: 距離感と打ち分けとスピード


先だってのペリカン・ヒル(サウスコース)の2 という記事のラウンドの時、6番ホールで速い下りの14歩のパットがあったのですが、この時にパットの距離感と傾斜、スピードに付いて考える事象が起きました。

傾斜と海の方向を計算しまして、7歩の強さで打ってみたのですが思いの外スーッと行ってしまいまして3歩近くもオーバー。

幸い返しが真っ直ぐ目の登りのパットで上手くカップインできたため3パットは回避できましたが、ラウンド後にちょっと考えたことを、メモ的に書いてみます。

(この日は2番ホールでグリーンの外に出てしまうパット・ミスをしていますが、棚に上げときます。(^^;
 スピードの読み違え (というより傾斜の見落とし?) なので、まぁそういうこともあります。(笑))


余談といいますかおさらいですが、私の場合はパットの距離感をデジタル処理しておりまして、傾斜とラインを読んで打つ強さを一旦決めたら、その強さのストロークをするという方法をとっています。

   記事 →テークバック相関グラフ


パットの距離とテークバックの相関図

画像をクリックで拡大します。



別な練習ラウンドでも似たようなことがありまして、ちょっと考えてみたんですね。

こういう状況です。


14歩(約9.8m。32フィートぐらいです)の下りごく軽い曲がりのパットで、グリーンのその日のスピードとグリーンの傾斜から鑑みて予測し、8歩の強さで打とうと決めました。

このパットが、約2歩程度オーバーしたのです。 2歩の登りで、返しのパットであればカップインの確率は低くはありませんが、3パット撲滅のためにも2パット目には1歩以内の距離を残したいところです。

この時のパットがカップインしたか外れたかは忘れてしまいましたが(多分外れたかな?)、
ホールアウトした後、元の場所に戻って練習のためにもう一度打ってみました。

今度は7歩の強さで打ってみました。

すると今度は1歩弱くらいのショートでした。
返しにならない、未知のラインを残した下りのパットは、例え1歩以下程度でも嫌なものです。


ちなみにこの時に私が、8歩の強さも、7歩の強さでの打ち直しも ものすごく正確に打てていたかどうかといいますと、これは定かではありません。
自分なりの基準では、そう悪くないストロークではあったと思っています。


もう一度どこかの練習グリーンへ行って、似たようなラインの場所を確保し、繰り返しトライしてみるべきかも知れません。

しかしながら、物理的に考えましても14歩の距離を7歩のストロークで打つような下り傾斜ですから、1歩のストロークの強さの差が2歩~3歩の差になって現れることは不自然ではありません。
完全にグリーン面も平面で傾斜も均一であったなら、物理的にはほぼ2歩の差に出るはずですからね。


そうするとですね、考えることは2つあります。

1.  まず、8歩の強さで行って正解だったのか?はたまた7歩のストロークが正解か?
    (2歩の返しの登りと、1歩の未知の下りのラインの比較とすれば、私は前者を選びます。)

2. セカンドパットがぐっと楽になる(筈の) 7.5歩のストロークを練習するべきか?

こちらは、習得にどのくらいの練習を要するか、とか、どの程度精緻したストロークの習得が可能か、といった問題が持ち上がってきます。

すでに7歩とか8歩を打ち分ける段階で、けっこうアバウトなところがありますからね。

先の残り方の原因も、もしかしたら私が8歩を実際には8.2歩ぐらいのストロークをして、7歩を実際には6.8歩ぐらいのストロークをしていたために、2歩ではなく3歩の差となって現れたのかも知れません。

まぁ正直、7.5歩を打つ練習は、余程の練習量を確保できない限り無駄だと思われます。


現段階の私の実力では、1. を選択してラウンドする、というのが最善策になって来ます。

しかしそこで1歩進む事を考え、7歩のストロークと8歩のストロークをベースとして頭に置いておいて、その場限りの7.5歩のストロークを試みてみます。

・・・これがですね、練習グリーンではなかなかに上手い具合に行きそうな手応えになるんですよ。


でも、もう一度よーく考えてみますと、打ってみてグリーンの傾斜がこのくらいだとかなり正確に分かったからこそ7.5歩のストロークが必要だったと判るわけでして、

ラウンドの最中には一発勝負、見た目で傾斜とスピードの判断をして、14歩の距離を7歩で行くか8歩で行くかディベートして決断して打つわけです。
この時点で一体、7.5歩を選択する意味がどのくらいあろうか?

・・・と考えますと、ほとんど意味が無い。 ・・のが現実です。


私がここに活路を見出すとしますと、自分の脳の記憶とsubconsciousを頼ってみる方法論です。
7歩か、8歩かという決断を一旦デジタルに下し、その上でカップまでのラインを視覚的に見ながらいわゆるアナログ的な勘を導入して打ってみるというミックスの方法ぐらいかな?と、考えました。



さて、これがもし登りのラインの場合ですが、こちらはこうなります。

実際に補足した距離は14歩(約9.8m)ですが、ストロークとしては18歩かもしくは17歩くらいになろうか、というジャッジをしますね。 面白いのですが、前記の斜面とほぼ同じ斜度でも、28歩にはなりません。

ここでテークバック相関図グラフに戻りますが、私のデジタルパットは14歩のストロークを超えた強さのストロークは、段々精度が粗くなって落ちてきます。
1歩当たりのテークバックの大きさの差も小さくなって、その分のコントロールのし難さも影響してきますしね。


ただし、上りの場合は18歩で打っても17歩で打っても、結果には1歩より小さい差しか出てきません。当たり前ですが。

そういう訳で、例えば17歩半の打ち分けには、まったくもって必要性を感じないということになります。


この辺はちょっと面白いですね。






ついでですので、上りor下りの話をしますと、


私の場合 7歩(約4.9m。約16フィートぐらいです)以下の距離であれば、圧倒的に登りのパットの方が打ちやすいですね。デリケートなコントロールを要求されませんから。


逆に、14歩を越えるような距離になってきますと、上りの方が大きなストロークをしなければなりませんので、ストロークの制御が難しくなってきます。
下りの方は、傾斜の度合い(や芝目)の読みが外れるときの危険度はましますが、よく読めている条件下ならストロークとしては小さいのでグッと楽になります。


もっと離れて、21歩以上(約14.7m。48フィートぐらい)の距離を残してきますと、どちらも難しいには違いないんですが、まぁこの距離が残るのは登りのケースがほとんどでしょうかね。
残った原因がミスショットでしょうから。






このお話と関連しまして、こちらに、

   「セカンドショットのクラブ選択


という記事があります。



グリーン上、カップの奥に付けることも辞さない攻め方をしてみようという主旨の記事なのですが、私はこのところずっとこれを実行しておりまして、下りのパットを残すケースがやや増えている実態があります。

ここ最近のラウンド記事にも現れていると思いますし、スコアを付けないバック9の練習ラウンドでもその傾向が出ているんです。


アプローチショット(注: 英語で言うapproachです。大まかにはいわゆるセカンドショットのこと。) の距離感、コントロールとしては、私程度の実力のアベレージ・プレイヤーとしては、60y以上100y以内で16フィート内外に、それ以外のグリーンへのアプローチで32フィート前後、というのが現実的な目標です。
(30y以内とかの、グリーン周りのチップショットはまた別ですね。)

そうしますと、この結果として残るファースト・パットの距離が、先ほど考察したような距離で残ることが自然と多くなってくるのですよね。


画像をクリックで元サイトにリンクしてます。




7/02/2012

グレン・アイビーの2


日曜日、友人たちと2組8人のグループで行って来ました、大好きなグレン・アイビー。(^^)

前回の記事のコメント欄でtrimetalさん向けのコメントにバウチャー買ったんでまた行きますって書いたんですが、実は風邪引いてしまって使えなかったので久しぶりです。(笑)

もうスタート前から18番の200フィートの打ち降ろしのこと考えてます。(^^)


The Golf Club at Glen Ivy (旧 Trilogy)
http://www.glenivygolf.com/


こちらのコースも、南カリフォルニアでは有名なテッド・ロビンソンSr.氏の設計ですが、ここはもう特筆ものですね。

前半は割りとフラット目な感じの丘陵コースですが、後半途中からはとてつもないローラーコースター・ライド並の山岳コースになります。

しかも美しい!


今回は、友人たち3人は白ティーから、私は青ティーからでプレーしました。
コースレート/スロープは70.9/128です。
(前回は怒涛の2日間4ラウンド中でしたから黒ティーでしたっけね。(笑))


バミューダ芝ですが、ラフはけっこう短めに刈られていて、そんなに難しくは感じません。
相変わらず、コースは全体にとても良い状態に整備されていました。 グリーンもボールがよく止まってくれます。

かなりWindyな感じの風が吹いてる日でしたが、涼しくしてくれますのでこの日のような暑い日にはかえって助かります。



それでは、幾つか前回ご紹介していないホールを中心にコースの写真を軽くご紹介して、スコアの記録をメモします。


まずは7番ホール、506yのパー5です。

画像をクリックで拡大します。


右サイドには川が流れていて、ウォーターハザードになっています。
パー5なので、無理をせず左サイドに打っておいて、ホールを広く使えると良いのですが、今回一緒にラウンドした割合にビギナーの友人たちは、右ドッグレッグの景色に釣られてか、どうしても右へ打ってしまいますね。

で、仮にWHを逃れたとしても右サイドの大きなOak Treeが邪魔になってしまいます。

左サイドのFWバンカーの右に植えてある小さな木を狙うと丁度いいんですけどね。
私はフックが予定より強めに入ってしまってそれよりさらに左のラフでしたが。(^^;

2打目以降は、右に曲がって斜度を上げつつずーっと登って行きます。

3打目はかなり上り傾斜になるので、2クラブぐらい余裕を見るのが吉でしょうか。

(攻略法は、コース図右のHole Infoに書かれているとおりですね。(^^))



こちらは、15番ホール、307yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


フェアウエー右の7つの小さいバンカー群が、ちょうどドライバーの飛距離ぐらいのところに設置されていて、入れてしまうと難しくなります。

距離の短いホールですので、バンカーに入れてしまってもチャンスはありますが、見た目よりもうんと登っていて傾斜が強いですし、小さいだけにアゴが近いケースも想定されますし、傾斜の砂地で足元を踏ん張ったりとか、距離感とか、いろいろ難しくなりますですね。

んなこと言ってて、私のショットは左からの風に押されて左端のバンカーの近くをすり抜けて転がった位置のフェアウエー右サイドでした。(^^;
言いようによっては真ん中ですので、次が打ちやすかったんですが、面白いものですね。

バンカーを度外視すれば、やや右サイドの方が安心に感じるのは全体の傾斜のせいでしょうか。 私のボールが常にフック系だからでしょうけれども。

私の友人の一人は、まんまとバンカー群の只中に打ってしまいましたが、運良くバンカーの間のところの芝の上にボールがありました。(^^)

距離感が難しいアプローチショットは、一応バーディーチャンスに付けたんですが、決められずにパーでした。 満足です。



そして、前回ご紹介はしていますが、やはり17番ホールの写真を。

宙に浮いているグリーンに打っていくような錯覚を覚えるパー3です。
187yの打ち上げ。


画像をクリックで拡大します。



この写真は、白ティーからの様子を撮りました。
前回の17番の写真とずいぶん趣が違いますでしょう?

なぜでしょうかね?
私はこのホールのデザインがとても好きです。

決してこのホールが得意だとかそういうのでは無いんですが (今回ボギーでしたし)、他のコースにはこんなパー3は無いから、って訳なんでしょうか、なんだかとっても好きです。

一見ワイルドで、でも打ってみるとけっこう優しい (←易しい、じゃなくて)、みたいな感じがするんですよね。(^^)



そしてやはりこちらも前回写真をご紹介してはおりますが、最後の18番ホールをご紹介しないわけには行きません。

こちらも白ティーからの様子をご覧ください。


画像をクリックで拡大します。



コース図の説明に、落差は全米一の200フィート(約60m) 打ち降ろしていると書かれています。

こちらも前回の写真と比べて見ていただけますでしょうか。

本当に楽しいホールです。


私は実は、ちょっとティーショットをミスってしまって左のバンカーの左のラフに行きました。

ティーからは落ちたところが見えませんでしたから、一応暫定球を今度はフェアウエー右サイドに打ったのですが、結果的には1球目が問題なくプレーできました。

2打目は池越えで短く止めなければならない約150yが残りましたが、なんとか少し右サイドにオン。

気持ちのよいパーで締めくくることが出来ました。(^^)
(前回2打目をミスってボギーにしてしまっただけに。)



いやー、それにしても楽しいコースです。

お気に入りのトップ3に軽くランクインです。(^^)