3/06/2012

New Carpet 練習場


私のオフィスの周辺のカーペットが新しく張り替えられました。

カーペットだけなんですけど、なんか新しいオフィスみたいに感じますねー。(^^)

それまでは無地の1枚仕様でかなり痛んでしまっていたのですが、今回はパネル式のカーペットです。
後々の再張り替えも作業も部分的にやればいいですし、便利です。



当分の間、会社のみんなが帰った後とかになかなか良いパット練習ができますですねー。(笑)
(まぁ実際にはあんまりまだやっていません。 ちと恥ずかしいのもあったり。)

上手く使えば、けっこうな長さが練習できます。(^_-)


例のパット練習用カップを置いて写真を撮ってみました。



このカーペット、一枚一枚のパネルが 「2フィート x 2フィート」になっていまして、距離が一目で分かります。

上手に位置取りをしますと、32フィート (パネル16枚分) の長さを打つこともできます。(^^)

(写真のカップを置いた位置は、真ん中ら辺です。 あまり遠くに置くと写真だと見えにくいので。)



で、肝心のスピードですが、私の基準スピード(おそらくスティンプメーターで8フィート半~9フィートぐらい)で16フィートを打つ強さで打ちますと、21フィートぐらい転がります。

私の基準の7歩のストロークで、21フィート。なんとも覚えやすい便利なスピードです。(^^)


まぁけっこう速めのグリーンぐらいのスピードでしょうか。 10フィート~10フィート半ぐらいじゃないでしょうか。(この辺の数値はちょっと想像の域で、ちゃんと測ったわけではありません。)

パネルの中の写真のような位置に置きまして、カップを過ぎたボールがパネル内に収まるように打てればOKとします。

理想的には、オプティマム・スピード (カップを約17インチ (約43cm) オーバーする強さ) で打ちたいのですよね。

カップの後ろ側からパネルの後端までは 19 と3/4 インチありますから、まぁだいたいカップのある一枚のパネル内に収まれば良いスピードですね。


かなり速いスピードですから、ものすごくジャストタッチで打った感じじゃないと一枚のパネル内に収まりませんです。



まだ、他の同僚のボールとパターを借りて打ってみただけの段階なんですが、今度自分のカウンターウエイト入りのパターを持って行って、真剣にパッティングしてみます。(^^)

うっしっし。(^^)