8/14/2011

フルーパ・ヒルズ (カントリー・クラブ)


先週、先々週に引き続きまして、「つかの間の単身期間はゴルフやり倒そう週末(笑)」の第3弾です。

この週末は4ラウンドしました。(^^;
今回も、まだラウンドしていないコースが中心です。(^^)


まずは土曜日の早朝。
(お昼に会社の社員イベントがありましたので、これに間に合わせるために早朝でプレーしました。)

フルバックティーからでも6,107yしかありませんでパー70、コースレート/スロープも69.3/123と、かなり癒し系のコースです。

フルーパというコミュニティーのカントリークラブになっていますが、設計はこの辺りのムニシパル(市営)のコースの数々を設計しているウイリアム・ベル氏です。

まだ行ったことがなかったのと、リビューがなかなか良かったので行ってみました。


Jurupa Hills Country Club
http://www.jurupahills.net/Golf.html


コース・コンディションは確かに良かったですね。
ベルベット状の柔らかくて、しかもスムーズなグリーンは気持ちがいいですし。

ただコースは全体にフラットで、とくに厳しいハザードもありません。

時間帯もあろうかと思いますが、風もほとんど無いと言っていい微風でした。



それでは、手短にいつもより少ない枚数ですが写真の方をご紹介します。

こちらは超トリッキーな4番ホールの短いパー4、357yです。

画像をクリックで拡大します。


フェアウエーど真ん中にティーショットを運んだはずだったんですが、鋭角に右ドッグレッグしていて、グリーンは右のカートの真上方向。

8番アイアンでぎりぎり上を越せそうかな? と思って打ったんですがボールが気持ち低めに出てしまったため木の枝に当たってしまい、木の下のウォーターハザード・エリアに嵌ってしまったかと思ったのですが、運良く枝の間を抜け向こうの左下に落ちて来ていました。

そこからどダフりまして4打目でやっとこ乗せてダブルボギー。 ラッキーをキャッシュイン出来ませんでした。(^^;



こちらの写真は、6番ホールの左側を通っています鉄道の、長い陸橋です。

画像をクリックで拡大します。


なかなか壮観ですね。

列車が通りますと(ディーゼル車3台で引っ張って、コンテナ貨物が120台ぐらい続きます。)、近いのですごい音がしますですね。



このコースには珍しくところどころに電線が走っていて、コース内の何箇所かに電柱も立っていたりするんですが、9番と17番ホールでは、どういうわけかフェアウエーの真ん中にいてグリーンに向かって邪魔になる位置(つまりグリーン寄りのフェアウエー真ん中付近)に立っています。

画像をクリックで拡大します。


電線や電柱をヒットした場合は無打罰で元の位置から打ち直しな訳ですから、気にしなくてもいいんですけど、やっぱりどうしても右から回して避けて打ったりしちゃいますね。

この17番の電柱は、ものすごく謎です。

拡大して見ていただけると分かるのですが、電線が左から来てこの電柱で終わっています。
練習グリーンの上を通り、クラブハウスの向こうの電柱から来ているんですが、この電柱で電線が終わっているんです。

もちろん地中に続いているんでしょうけど、なんでこんな邪魔なとこに立てたのでしょう?

少し左に移動して、木に並べて立ててもなんの支障もなさそうです。

打ちなおし可の障害物をフェアウエーにわざわざ置くのはデザインなんでしょうか?
なんかすごい謎でした。(笑)



さて、最後に18番グリーンの写真です。

画像をクリックで拡大します。


私のボールは、真っ直ぐ転がすにはカラーがこんもりし過ぎていて邪魔っけな感じ。
かといってウエッジで打つのも気が引けますね。 競技会じゃあるまいし。

距離的には13歩(約9m)で、軽いフックラインですから寄ってってはくれるでしょうけど、カップインは望めません。


とりあえずパターでギリギリを狙って転がしましたら、カラーのエッジをかすってボールの軌道が右へ跳ね返りましてカップの右横2歩(1m半)も離れたところに行ってしまいました。 うーん。

まぁなんとか2パット目が入ってくれましたので事なきを得ましたが。


しかしあれですね、「コース全体がかなりフラットで芝の状態も良くて打ち易く、距離も短くてしかも厳しいハザードもあまりない、風も強くない。」 と、すごく良いスコアが出そうな条件が揃っているのに、なかなかすごくいいスコアってのは出せませんですね。(x_x;





それでは、ラウンドのスコア記録です。


青色のフルバックティーから、コースレート/スロープは69.3/123、パーは35・35の70です。

1 4 △ 0 5A  (2nd 木)  
2 4 - 0 ①  (26)
3 3 - / 6S 
4 4 □ 0 U7AL-①  (2nd 木)
5 4 - 0 D11B-① 
6 4 ◯ 0 ⑧
7 5 △ 2 U10S  (55y) 
8 3 △ / S7BL-2A  (3パット)  
9 4 - 0 U7S 

10 4 △ 2 U6AL
11 4 □ 0 D11AS-①  (15)  (アプローチ・トップ) 
12 4 - 0 D6A  
13 4 △ 2 3A  (100y)
14 3 △ / D3A  (18)
15 5 △ 1 U7AL-①  (40y)
16 4 △ 0 6A  (2nd 木)
17 4 - 0 ①  (19)
18 3 - / 13A-② 

39(17)・42(17)= 81(34)


正直、このところよくラウンドしていますので(笑)、ショットの調子も良いですから良いスコアが出るかなー? なんて考えていたんですが、そうは問屋が卸しませんですね。(^^;


アンジュレーションもきつくないですし、気持ち標準より遅めのスピードではあるものの、バンピーなところの全くないなめらかなグリーンだというのにパット数が多かったです。

なんだろうなぁ。
パットの調子が悪かったわけでもないんですよ。

3歩-7歩の距離が11回もあって、1個も入っていませんから、 ・・・ そうか、あれ? 調子悪かったのか。
ここのグリーンで34パットは多いと言わざるを得ません。 もう一つ寄せが寄ってないっていうのもあるかなー。


数字的には81とかですけど、パー70ですからねー。
ディファレンシャル的には、とても悪いです。(^^;


会社のイベントに出席して食べ過ぎ、それから、グリーンフィーが安くなるスーパートワイライト料金の3時半のスタートを取るべく、今週もまだプレーしていない海沿いのコースに行ってみることにしました。
18ホール終わんないかなー? と思いつつの混んでるのろのろラウンドだったんですが、17番18番ホールでは薄暗くなったりしつつもなんとか18ホール終えましたので次の記事にリポートします。

(4ラウンド分ほぼ全部書き終えているんですが、1日1コースづつアップいたします。 4つ目のコースはすごい良いですよー。(^^))



6 comments:

サンディエガン said...

ここも存在すら知りませんでした。
地図を見るとプチゴルフ銀座なんですね、この辺は。
近くのGoose Creekもとてもいいコースですよ。(癒し系ではないですが)

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

グースクリーク、本当に良いコースですね。
行ったの、もう3年も前なので、また行かないと、ですね。

あの時は、一緒に行った友人がブチ切れて13番でプレー止めたんでした。(笑)


18番ホールがものすごく難しくてまぐれでバーディーチャンスのパーが取れたのは、記事を振り返るまでもなく覚えていますです。(^^)


このJurupa Hillsと近隣のIndian Hillsのオーナーは同じ方だそうでした。

trimetal said...

短いコースで、コンディションが良ければ、スコアも良くなって当たり前と思うのですが、我々素人はそうは行かない事多いですね。

私も先日ラウンドして6000ydsチョットのコースでも、スコアは81でした。(練習と言う事でポストしていませんが)私の場合は、安易なゴルフをした事が一番の原因ですね。易しいから適当にゴルフやっちゃったんですね。

Zさんの記録を見ると、3歩~7歩が確かに入ってませんが、3歩以上はそうそう入りませんから、それは問題とは思えません。3歩の入る確率は1/3程度でしょうからね。それ以前に、アプローチがそんなに残る方に問題ありかも。それに、DAPスコアも7もありますし、最近のZさんのショットとしては非常に悪いのかなと感じました。

それと、木に当てるミスが3回もありますね。これは軽率なプレーと言わざるを得ないんじゃないでしょうか。

少々失礼な書き方で申し訳ありませんが、普段慎重にプレーされているZさんとは思えない内容でしたので、このスコアも仕方ないのかなと思います。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
全然失礼なんかではないです。(^^)


寄せが多くなればパット数が減る、また GIRが多ければパット数は多少増える、

というのが本来だと思うのですけれど、全部今いっちょ、というラウンドが私にはけっこうあるんですよね。(^^;

半分のラウンドで叩いてもHDCPに出ないところが厄介だったりします。


パッティング自体はおっしゃるとおり不調だとは感じていなかったんですよね。


木に当てちゃった奴もですね、間を抜こうとか、ギリギリを通してかわそうとか、そういうショットではなく、
U4が思ってない方向に飛び出してあんな所の木に当たるとかそういう感じで、そもそもそんなショット打ってじゃ駄目だろ的なミスでした。

ダボは出なさそうなコースだったのですが・・・。(^^;


あと3つ、順番にアップします。(^^)

スノーマン said...

こんにちわ!

癒し系コースという事で、やっぱりリラックスし過ぎちゃったのでしょかね。

それとも、午後からの会社のイベントが気に掛かっていたとか。。。

あっ、きっとフェアウエーのど真ん中にある電柱の不思議に心囚われていたのでは。。。

不思議だなぁ~。。。

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。

そんなに不思議じゃないですよ。

毎年90オーバー打つラウンドが1-2個ありますし、+/-6打の12打差ぐらいはちょっとしたことでいつでも出ると思います。


そもそも朝のバック9でも、44とかそんなスコアよく打ってますしね。


ただ、ドライバーをミスするときもけっこうな割合でワイドオープンなホールで起きるような感じしますので、集中力の問題は多少あるかも知れません。

まぁ要するに丁寧にやらないと駄目ってことですよね。
丁寧にやろうとしすぎて緊張してもうまく行きませんし、メンタルスポーツですよねー。